ウォーキングで歩く習慣

ダイエットのきっかけは、久しぶりに体重計に乗った時。

「思っていた以上に体重が増えていた」

BMIも肥満とまではいきませんが、健康体とされている標準値を超えていたのです。
ショックでした。

ちなみに、BMI(肥満度指数)は、自分の適正体重を知るために活用できる値。

BMIが18.5未満だと「痩せている」、18.5以上25未満だと「普通」、25以上は「肥満」とされています。

体重と身長を入力するだけで簡単に計算できるサイトはこちらです。
>>BMIと適正体重 – 高精度計算サイト

話を戻すと、顎・首回りに肉が付いていて、二重顎になるし、寝るときに仰向けになると軌道がふさがれてしまい、いびきをかいたり、呼吸がうまくできなくて起きてしまう…

「これはどうにかしないといけない…」

そう思った私は、まず見た目でわかる顎・首回りのお肉を落とすダイエットを決意しました。
結果、毎日贅肉を落とすストレッチやマッサージをして、今は少し首回りがスッキリしてきました。

ダイエット中は毎日体重をチェック

次は体重です。
まず、体重を毎朝起きてトイレを済ませたら測る習慣を徹底しました。

お風呂上がりに測る人も多いですが、夕食前、身体の水分が汗で少なくなっている、この2点を考えました。

そして、毎日最低10分は歩くことにしたのです。

ジョギングのように走る行動は運動量が多いのですが、胸を大きく揺らすため、バストが小さくなると言われているので、歩くことを選びました。

ただ、雨の日は出来ないのが難点。
ウォーキングできない日は、家の中でなるべくストレッチや筋トレなどを中心に動くようにしました。

雨の次の日に晴れているときは、いつも以上に歩くように心掛けて。

脂肪燃焼効果は、20分~30分過ぎてからと言われていますが、時間がないときや日々の体調を優先に考えてます。
歩くことがストレスや負担になっては元も子もないので、最低でも10分は歩くようにマイペースを維持してます。

健康とダイエットにオススメのウォーキング

ちなみに、春の気持ちいい日に新しい街並みを見ながら最長は2時間くらい歩いたことがありました。

これは例外でしたが、心身共に浄化でき、

「リラックスした気持ちがついていけば、こんなに長時間歩けるんだ!」

と、良い体験ができたと共に、今後のダイエットの自信にもなりました。
毎日行った結果、1ヶ月もしないうちに2キロ減りました。

下半身も少しずつ引き締まり、鍛えられているみたいです。

カラダの筋肉の大半は下半身に集中していると言われているので、これからも積極的に続けていきたいと思います。

最近では、運動の効率を上げるために、「代謝」にも注目しています。
運動に加え、日々の食生活や栄養面からも、「代謝」を意識すれば、効率よく痩せやすい身体を手に入れられると思ったからです。

おすすめはやはり酵素サプリですね。
飲み方も手軽で、カバンにスッと入るので持ち運びも便利。

無理なく続けられてます。
あなたもぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

トップページでは、サプリメント「こうじ酵素」をモニター購入できる販売店情報や口コミも多数掲載しています。
販売個数300万袋突破「こうじ酵素」の口コミや初回300円のモニター情報もぜひチェックしてみて下さい。こうじ酵素の口コミトップページへ