有酸素運動の種類は色々!

ジョギング

有酸素運動とは、その名前の通り酸素を取り込んで体内の糖質や脂肪をエネルギー源として燃焼させる運動です。
また、負荷も比較的軽いものから中程度のものが多く、しっかり呼吸しながら長い時間続けることができるため、ダイエットに向いていると言われています。
そして血行が良くなることで健康維持はもちろんのこと、様々な美容効果も期待できます。
この記事では、有酸素運動の種類、そしてその種類の中で特にダイエットに良いのはどれかについてまとめました。

有酸素運動の種類は?

有酸素運動と一口に言っても種類は様々です。ここでは、主な有酸素運動の種類をご紹介します。

有酸素運動の種類①
「ウォーキング」

最も身近な有酸素運動と言えばやはりウォーキングですね。
お金がかからず道具も必要ないため手軽に始められること、また体への負担も軽いことから、普段運動の習慣がない人や年配の人でも始めやすいのがメリットです。
カロリー消費の少なさが気になる人は、出来るだけ腕を振る、そして早めの速度で歩くということを心がけるとカロリー消費アップが期待できますよ。

有酸素運動の種類②
「ジョギング・ランニング」

ウォーキングよりもっとカロリーを消費する運動が良い、という人はジョギングやランニングを選ぶ人が多いですね。
ジョギングやランニングの消費カロリーは、体重(kg)×走る距離(km)で計算されます。
例えば体重50kgの人が10km走ると、500kcalのカロリーを消費することができるというわけですね。
ただ、膝に負担がかかりやすいので、きちんとジョギング・ランニング用のシューズを購入することをおすすめします。

有酸素運動の種類③
「水泳」

水泳もカロリー消費量の高い有酸素運動として人気があります。
水の中は浮力があるため膝に負担がかかりにくいので、高齢の方にも始めやすいと言えますね。
また、全身をバランスよく鍛えることができるというのもメリットです。
泳げないという人でも、プールの中で歩くだけでもダイエット効果が見込めますよ。

有酸素運動の種類④
「サイクリング(エアロバイク)」

サイクリングやジムなどにあるエアロバイクも有酸素運動です。
かつ、ジョギングやランニングに比べて膝への負担が少ないというのはメリットですね。
また、ジムなどにあるエアロバイクは負荷が調節できますし、何よりもエアロバイクは本を読んだりテレビを見たりと何かをしながら取り組めるというのも忙しい現代人には人気のポイントです。

ダイエットにおすすめな有酸素運動は?

取り組みやすいウォーキング

色々な種類がある有酸素運動ですが、特にダイエットに効果のあるものはどれなのかが気になりますね。
特に取り組みやすさから言うと、ジョギングやウォーキングなどが人気です。
エネルギー消費の効率で言うとやはりジョギングが最も効果的ではあるのですが、それでもウォーキングと比べてどうしても「キツイ」ので、継続しやすさで言うとウォーキングが上回ります。

ウォーキングの良い点というのは何と言っても、体への負担も少なく「継続しやすい」ということ。
有酸素運動はやはり20分以上継続して行うこと、そして週に最低3回を習慣化することでより効率的に脂肪が燃焼すると言われています。
その点からも、継続しやすいウォーキングが長期的には痩せやすい体になることが見込めます。
ただ、カロリー消費量は確実にジョギングが高いのは間違いないので、例えばジョギングを5分、その後ウォーキングを5分…などのように組み合わせて行うと、よりダイエット効果が期待できますね。

有酸素運動の種類まとめ

様々な運動を紹介

この記事では、有酸素運動の種類、そしてその種類の中で特にダイエットに良いのはどれかについてまとめました。
ダイエットはもちろんのこと、健康維持や美肌づくりにも効果のある有酸素運動を是非毎日の生活に取り入れてみて下さいね。

当サイトのトップページでは、ダイエットサプリメント「こうじ酵素」をモニター購入できる販売店情報や口コミも多数掲載しています。
販売個数200万袋突破「こうじ酵素」のモニター価格や情報をぜひチェックしてみて下さい。
こうじ酵素モニター【初回990円+特典付】購入トップページへ