消化酵素と代謝酵素?なぜ種類がある?

最近テレビや雑誌、ネットなどで「酵素」という言葉をよく聞くようになりました。
サプリメントやドリンクなども種類豊富に発売されており、健康や美容、代謝が良くなりダイエットに効果があるというイメージが強いですね。
この記事では、消化酵素と代謝酵素とは何か、そしてどうしてダイエットに効果があるのか?についてまとめました。

消化酵素と代謝酵素とは?

そもそも酵素というのは、アミノ酸を原料として合成されたタンパク質の一種。
そして体内で作られるものは「潜在酵素」と言い、さらに新陳代謝に関わる「代謝酵素」と、消化や栄養の吸収に関わる「消化酵素」の2種類があります。
まず消化酵素はその名の通り、食べたものを分解して、体が吸収しやすいようにする働きがあります。
そして様々な種類があり、一つの酵素は一つの役割しか持っていません。
例えば唾液に含まれるアミラーゼにはデンプンを分解する、胃液に含まれるペプシンはタンパク質を分解する…などです。
その他にも膵液に含まれており脂肪を分解するリパーゼ、腸液に含まれており砂糖を分解するスクラーゼ、ペプチドを分解するペプチターゼなどなど、それぞれの消化器官で働いているんですよ。
胃や腸などの消化器官そのものが消化をしている、という訳ではないのですね。
一方、代謝酵素は体に吸収された栄養を体中の細胞に届けて(その名の通り代謝活動です)、体を動かしたりするなど生命活動そのものをサポートするために働きます。
また代謝酵素は、リンパ液や血液中の白血球の働きを促進することで体の自然治癒力を高めたり、アルコールなどの毒素を分解して尿や汗に排出する解毒作用、増えすぎることで体に様々な悪影響を与えてしまう活性酸素を分解・除去してくれる働きなどもあるんですよ。

ダイエットに効果がある理由は?

実は一生のうちに体内で作られる酵素の数と言うのは決まっており、かつ加齢により数がどんどん減少していくと言われています。
そして、暴飲暴食をしてしまうとどんどん消化酵素が消費されてしまいます。
その結果、代謝酵素が不足してしまい、疲れやすくなったり体調を崩しやすくなったりするだけでなく、代謝が悪くなって太りやすくなってしまうのです。

なので、痩せやすい体になるには、


  1. 普段から野菜や果物、納豆などの発酵食品類を積極的に食べる
  2. 脂っこいものなど消化の悪い食べ物を食べ過ぎない、胃腸に負担のかかる冷たい飲み物やアルコールを飲みすぎない
  3. よく噛んで食べる(消化や吸収に負担がかからなくなる)
  4. 暴飲暴食をしたり、不規則な生活をしない



上記のような生活習慣を心がけて、代謝酵素に回す分を増やすということが非常に大事だと言えます。

ちなみに野菜や果物を食べる際は、加熱しないで生で食べるというのが基本です。
サラダや酢の物、漬物、果物であればジューサーで作ったスムージーなども人気ですね。
普段の食事でどうしても栄養の偏りが気になる…という人は、サプリメントやドリンクなどを上手に活用するのも手です。

消化酵素と代謝酵素のまとめ

消化酵素と代謝酵素とは何か、どうしてダイエットに効果があるのかについてまとめました。
普段から栄養バランスに気を付けた食生活を送ったり食べ過ぎないように気を付けること、そして規則正しい生活を生活習慣を心がけることで、代謝がアップして痩せにくく太りにくい体質になることが期待できますね!

当サイトのトップページでは、ダイエットサプリメント「こうじ酵素」をモニター購入できる販売店情報や口コミも多数掲載しています。
販売個数200万袋突破「こうじ酵素」のモニター価格や情報をぜひチェックしてみて下さい。

こうじ酵素モニター 【初回990円+特典付】購入はこちら!トップ