ダイエットに必須の「酵素」を減少させない習慣とは?

酵素の減少原因や対策

最近は「酵素ダイエット」というのが話題になっていますね。
薬局やドラッグストアに行けば、様々な種類のサプリメントも売られています。

もはや、ダイエットにおいて酵素は必須とも言える存在です。

太らない対策には、普段から酵素が減少しないような生活習慣の意識がポイントです。

では、酵素が減少する主な原因、そして酵素を減少させないための習慣についてご紹介します。

酵素が減少する原因とは?

酵素が減少する原因に悩む女性

酵素が減少する原因の代表は、ズバリ「加齢」です。

体内の酵素量は20代からゆるやかに減少し始めます。
20歳の頃の量を100%とすると40代には50%を切り、70代になると約20%にも減少するとされています。

食生活の乱れ

食生活の乱れ

生活習慣での大きな原因は「食生活の乱れ」です。

揚げ物や肉類などの消化の悪い食べ物ばかり偏って食べたり、いつも満腹になるまで食べたりと、暴飲暴食を継続していると体内の消化酵素が多く消費されてしまいます。

睡眠不足

睡眠不足

「睡眠不足」も実は、酵素の減少原因のひとつです。

例えば、お肌は夜寝ている間に修復・再生されると情報や知識を聞いたことがある女性は多いと思います。
酵素も同じで睡眠中に生成されます。

夜更かしをする習慣があると、体内で十分な酵素が作られずに痩せにくくなるばかりでなく、免疫力が低下して体調を不良などの恐れもあります。

酵素の減少を食い止める日頃の習慣を紹介

酵素の増加には生活習慣が大事

では、毎日少しずつでも心掛けたい習慣を紹介していきます。
全て一気に実践するとストレスを溜める原因にもなりますので、あなたのペースでゆっくり生活に浸透させてみて下さい。

習慣① 普段から野菜を積極的に食べる

野菜

前述の通り、加齢とともに体内の酵素は減少します。

特に30~40代になったら、緑黄色野菜や果物などの酵素が多く含む食品を積極的に食べるように心掛けが必要です。

[参考]酵素を含む食品の紹介はこちら

習慣② 暴飲暴食をしない

バランスのいい食事

また、揚げ物などの消化の悪いものを食べ過ぎたり、常に満腹になるまで食べない習慣も大事です。

このような食べ方をしていると、体内の消化酵素が必要以上に消費されてしまいます。
食事の栄養バランスには気を付け、腹八分目、七分目を心がけましょう。

習慣③ 睡眠はしっかり取る

睡眠をとる

酵素は夜寝ている間につくられますから、睡眠をしっかり取るということも大事です。

寝る前ギリギリまでパソコンやスマホをいじったりするのはダメな習慣。
自律神経の内「交感神経」が活発になり、寝つきが悪くなったり睡眠が浅くなったりしてまうので要注意です。

習慣④ ストレスを溜め込まない

ストレスを貯めない

実は、ストレスも酵素を減少させます。

これは、体がストレスで負荷を実感することで、消化酵素の働きを活性させる働きのある「セロトニン」が減少してしまうことが原因。

普段から軽い有酸素運動をしたり趣味の時間を持つなど、ストレスを上手に発散する方法を実践すると良いでしょう。

酵素を減少させない習慣まとめ

まとめ

日頃の生活習慣や食生活がわるいと、加齢とともに拍車がかかり、体内の酵素はどんどん減少していきます。

普段から酵素を減少させない生活習慣を心がけ、常に太りにくい体を維持するようにしたいものですね。

当サイトのトップページでは、ダイエットサプリメント「こうじ酵素」をモニター購入できる販売店情報や口コミも多数掲載しています。

販売個数150万袋突破「こうじ酵素」のモニター価格や情報をぜひチェックしてみて下さい。

こうじ酵素の初回モニターはお得?