酵素を含む食品の紹介

当ページでは酵素を含む食品をご紹介していきます。

私たちが健康的に過ごせる理由はシンプルです。
食品の栄養素を消化吸収し、代謝して体を維持しているから。

そこで大きな役割を果たすのが、「酵素」です。

身体の中の消化酵素や代謝酵素をしっかり働かせるためには、様々な食品から食物酵素を摂取することが大切です。

それでは「酵素を含む食品」について早速見ていきましょう!

記事の後半では、手軽に酵素を補えるサプリメントの紹介もしています。
通販で人気の酵素サプリを厳選していますので、見逃さず合わせてチェックしてみて下さい!

酵素を含む食品って何があるの?[おすすめ11選]

酵素を含む野菜やフルーツ

では、まず基本的なことから。

一番身近で簡単に摂取できる酵素を含む食品といえば、「野菜やフルーツ」が挙げられます。

そして発酵させて作っている「発酵食品」も、酵素量が多い食品の代表です。
みそや納豆、漬物などは、普段の食卓でもおなじみではないでしょうか。

これらを知っているだけでも、料理で手軽に取り入れられそうです。

効率よく摂るには、生の食材から「生酵素」を体内に入れること。

普段の食事からを基本に考え、サプリなどに頼らないのであれば、この方法につきます。

「でも、やっぱり食事は美味しくなきゃイヤ!」

楽しみながら効率よく摂りたいあなたのために、酵素を含む食品、そして各々のおいしい食べ方やレシピも考えてみました。

それでは具体的に見ていきましょう!

1.生の野菜やフルーツ

生のサラダを調理

食物酵素を含む食品ばかり摂取していても、その食べ方にこだわらなければ効率良く摂取できません。

一番よい方法は、生のサラダやフルーツの摂取につきます。

また、野菜を豊富に食べることは食物繊維もたくさん吸収できます。
便秘や腸内環境の改善にもつながるので、ダイエットに効果的です。

では、生の野菜やフルーツ、そしておすすめの食べ方を具体的に紹介していきます。

パイナップル

酵素を多く含むパイナップル

パイナップルは酵素を多く含む食品です。

ちなみにゼラチンでゼリーを作るときに生のパイナップルを入れると固まりません。
これは、パイナップルに含まれる酵素がゼラチンのタンパク質を分解してしまうためなんですね。

缶詰のパイナップルを使えば固まるのは加熱しているからです。
この特徴からも生のパイナップルに酵素が含まれていることがよくわかります。

「パイナップル」おすすめの食べ方は?

パイナップルをそのまま食べる

パイナップルを丸ごと1つ買ってきて、皮をむいてそのまま食べるのがオススメです。
パイナップルと同じように酵素含む食品のりんごなど他のフルーツと合わせてヨーグルトをかけ、フルーツサラダにしても良いですね。
手軽に酵素が取れるおいしいデザートになります。

キウイ

キウイ
キウイはアクチニジンというたんぱく質を分解する酵素を含むフルーツで、お肉を柔らかくする性質ももちます。
下ごしらえの際にお肉を果汁を漬けておくと、お肉の内部のたんぱく質細胞が分解され柔らかくなる、そんな特徴もあります。

「キウイ」おすすめの食べ方は?

キウイヨーグルト

キウイから酵素を摂取したい場合、やはり生食がベストです。
キウイなら半分にカットし、スプーンで食べられて大変手軽な食品です。

甘く熟していれば小さいお子様でも美味しく食べられますし、家族の健康サポートには強い味方です。
ヨーグルトと一緒に食べると乳酸菌も一緒に摂れて一石二鳥です!

大根

酵素を多く含む食品の代表は大根

大根は酵素を多く含む食品の代表。

生の大根は、


  • でんぷん分解酵素のアミラーゼ
  • タンパク質分解酵素のプロテアーゼ
  • 脂肪分解酵素のリパーゼ

など多くの酵素を含む食品です。

これらが食べた物の消化を助け、胃もたれの解消などもサポートしてくれます。

「大根」おすすめの食べ方は?

大根おろし

大根を生で食べるといえば「大根おろし」ですね。
どの食品にも言えるポイントですが、熱に弱い酵素は生で食べることが何より重要になります。

例えば、和風ソースと一緒に大根おろしをステーキに添えて食べる。
また、焼肉のタレに混ぜても美味です。
この時、熱々の鉄板にはのせないように注意です。

消化を助けて、油っぽいお肉もさっぱりと美味しく食べられます。
醤油と大根おろしを混ぜて、焼き魚や厚焼き卵にかけるのもおすすめです。

アボカド

アボカド
アボカドはリパーゼという脂肪分解酵素を含む食品の1つです。
脂肪分が比較的多い食材ですが、その分リパーゼも多く含んでいるため、脂肪分の吸収を抑えることが期待できます。
なお、脂肪分解酵素とは脂肪を燃焼させる作用があります。

「アボカド」おすすめの食べ方は?

アボカドサラダ

アボカドに含まれるリパーゼももちろん熱に弱い欠点があります。
アボカドは生で食べれる食品ですので、サラダなどに合わせて入れると良いでしょう。

生ハムやレタスなどと一緒に、薄くスライスしたアボカドを入れると、舌触りが良くなりとても美味しいです。
ドレッシングはお好みで、ポン酢とマヨネーズを合わせたものや、和風ドレッシングをかけて食べるのがお勧めですね。

人参(にんじん)

にんじん
にんじんは、リパーゼという脂肪分解酵素を含む食品です。
脂肪分解酵素は特にダイエットを目的とする人は、摂取した方がよいですね。
この他には、タンパク質やデンプン質を分解する酵素などもあります。

脂肪分解酵素を多く含む食品を摂ることは、美容にも健康にもいいです。

「人参(にんじん)」おすすめの食べ方は?

にんじんジュース

ポイントはやはり非加熱処理。
にんじんは固いので、火を通して柔らかくして食べるのが一般的ですが、酵素を考えるとバツです。

にんじんを美味しくかつ健康的に食べるには、生ジュースが一番と私は思います。
にんじんだけでは飲みにくいので、りんごやバナナなどをミキサーで混ぜると、本当に美味しく飲めますね。

忙しい方には野菜&フルーツスムージーがおすすめ!

ミキサーでグリーンスムージーを作る

生野菜のサラダやフルーツを大量に食べるのは難しい…。
それなら、「グリーンスムージー」にしてしまうのはどうでしょう?

作り方は簡単!

ホウレンソウや小松菜などの葉物の野菜に、2~3種の果物と、牛乳や水100cc~200ccを加えて、ミキサーで混ぜるだけ。

食物繊維が豊富なうえに、酵素の吸収率もアップするのでオススメです。
バナナやキウイを入れると飲みやすくなりますよ。

また、野菜や果物をすりおろしてジュースや、トッピングにするのもいいですね。

「スムージーも少し面倒な気が…」という方には、やはり「サプリ」がおすすめになります。

2.海藻類

海藻

酵素を含む食品では、海藻類もおすすめです。

海藻類はサラダとして食べることが簡単で、生食しやすいです。

また低カロリーでミネラルなども豊富なので、体の調子を整え、ダイエットにも効果的です。

3.発酵食品

酵素を多く含む発酵食品

発酵食品は、酵素を多く含む食品として注目度が高いです。
もともと消化効率の高い食品なので、食べたものがそのまま吸収され、効率よく栄養を摂取できると言われています。

発酵食品の、


  • 味噌
  • キムチ
  • 麹(こうじ)
  • ぬか漬け

などには乳酸菌も多く含まれており、腸内環境の調整も期待できます。

腸内環境を整えることは、前述した食物繊維同様、便通や便秘の解消にもなりダイエットに有効です。

腸内の老廃物が排泄され、美肌効果も期待できるのではないでしょうか。

上にあげた食品も含め、ぜひチェックしてほしい発酵食品と、おすすめの食べ方やレシピなどについて紹介します。

納豆

消化酵素の多い納豆

納豆は、酵素を含む食品の代表的な1つとして有名です。
昔から日本の一般家庭では頻繁に食べられ発酵食品の納豆。
専門家を含め、沢山の人から健康食材として注目されていますね。

納豆をかき混ぜますと、大豆と一緒に粘々と糸を引きます。
このネバネバ部分に含まれるナットウキナーゼというタンパク質分解酵素。
働きとして血液サラサラ効果を期待できるなどがありますね。

ネバネバが多く出ているほど発酵が良好な証拠なので、食べる時には沢山かき混ぜましょう。

多くの消化酵素を手軽に摂取できて毎日の健康に役立つので、酵素生活が初心者の方にはおすすめです。

「納豆」おすすめの食べ方は?

納豆キムチ

納豆は、意外にもたくさんの食品と相性がよく、特に発酵食品の仲間との相性も抜群です。

その中でも、簡単かつ美味しく食べるためのおすすめは、「納豆とキムチを合わせる食べ方」です。
いつもの納豆にキムチをプラスするだけ。
とても簡単に食べる事が出来ます。

キムチには植物性の乳酸菌がたっぷり入っているので、整腸効果も期待できます。

一般的な食べ方としては、納豆をかき混ぜてから炊き立てのご飯の上に掛けて、食べるのが一番メジャーですよね。
納豆も他の食品と一緒で、過熱して調理しますと酵素が失活する食品です。

ですので、炊き立てのご飯ですと温度も高く、おおよそ48度以上だと酵素の働きが鈍くなってしまいます。
その為、ある程度ご飯を冷ましたご飯に掛けて食べるか、別々に食べる工夫をしましょう。

酒粕

酒粕

日本酒は麹と酵母という微生物の力によって、米を発酵させて作られます。
そして、酒粕は日本酒を搾った後の副産物です。

つまり、酒粕には日本酒の風味と共に、たくさんの酵母が存在していると言われています。
こういった多くの酵素を含む発酵食品には、食材のうまみをグッと引き出す利点もあります。

酒粕は、糖質、タンパク質、ミネラル、レジスタントプロテイン等をバランスよく含む栄養価の高い食品です。

疲労回復や老化防止、冷え性やストレス改善にまで効果が期待できるとも言われています。

「酒粕」おすすめの食べ方は?

酒粕ペースト

酒粕を手軽に楽しく摂取するレシピを一つご紹介します。
それは「酒粕ペースト」です。

もちろんソースや調味料としても使えます。
最も効果的なのは、好みの生野菜(ニンジンやキュウリ等)をスティック状に切りペーストとして添え食べると、生野菜の酵素も摂れて一石二鳥です。

麹(こうじ)の甘酒

酵素を多く含む食品は米麹

酵素を含む食品の一つは米麹です。
米麹はお米を蒸して、そこへ麹菌を加えてじっくり熟成させるとできあがります。

これは多くの種類の生きた酵素であり、人間の体の細胞にとって吸収されやすく消化されやすいと言われています。

さらには酵素の働きを助ける補酵素と呼ばれるビタミン類も含んでおり、老化防止や新陳代謝の活性化、精神安定、免疫力アップなどに役立つそうです。

「麹(こうじ)」おすすめの食べ方は?

甘酒で酵素を美味しく摂取

米麹を使った料理で簡単かつ美味しく摂取できるのは甘酒です。
お湯と米麹だけで簡単に作ることができます。

米麹で作る甘酒は化学的な添加物を含まない自然食品という特徴も魅力ですね。

甘酒は温めて飲む方法がメジャーで一般的ですが、酵素を含む麹菌は熱に弱いので、基本的に冷たい状態か常温でそのまま飲みます。

砂糖不使用であっても麹で作った甘酒の甘みは強いです。
そのため、何か別の飲み物と「1:1」で割ることもしばしば。

相性がいい豆乳や牛乳に混ぜて飲むと、味わいがまろやかになり美味しくいただけますが、ポイントはやはり熱を加えないことです。
また、無糖のヨーグルトに混ぜることで自然な甘みが出て美味しくいただけます。

私のおすすめは、桃のジュース。
さっぱりとして香りの相性もいいかと思います。

飽きないように色々な飲み方を試すと、楽しく続けられますね。

4.その他

生の魚

海鮮丼

酵素は、生の魚にも豊富に含まれています。
生魚といえば…「刺身」ですよね!

そのまま食べるのもいいですが、ネバネバ食材と組み合わせることで、酵素をさらに効率よく摂取できるんです。

マグロやカツオなどの切り身に、とろろ・オクラ・納豆などを乗せて海鮮丼にしてみましょう。
食材を切って、お好みでたれや醤油をかけるだけなので、簡単にできますよ。

夏場は、大根おろしなどを乗せると食欲増進にいいそうです!

豆腐

豆腐
大豆の加工食品である「豆腐」。
加熱処理しているため、酵素の含有量はやや低めですが、食物繊維やミネラルを豊富に含む食材です。

そこに発酵食品のキムチを加えることで、酵素を効率よく摂取できるメニューになるんです。

豆腐にキムチを乗せるだけなので、手軽ですぐ作れるのも魅力!

キムチに含まれる「カプサイシン」「乳酸菌」が、美容やダイエットにもいい効果をもたらしてくれそうです。


酵素を含む食品を使ったレシピは、工夫すれば他にもたくさんあります。
クックパッドなどの料理レシピサイトを上手に使えば、アイデアも豊富に集まり毎日楽しく続けられます。

>>クックパッド公式サイト

酵素を含む食品ってただ食べるではNG!?

酵素を含む食品の食べ方注意点

ここまで見てきてわかるように、酵素を含む食品って、身近にもいろいろあるんですね!

でも、ただたくさん食べるだけでは不充分。
摂り方にもポイントがあります。

それを間違えると、せっかくの酵素の作用が半減してしまうことも…。

効率良く摂取し、それを効果的に活用するにはどうしたらいいのでしょうか?

ここからは、酵素を含む食品を摂るときの注意点について見ていきます。
食品から効率的に摂るためには、以下のことを覚えておきましょう。

加熱しない

酵素は熱に弱い

口酸っぱくお伝えしますが、

酵素は熱に弱いので、野菜やフルーツに熱を加えるとその効果はゼロ。

酵素は48度以上で失活すると言われます。

そのため、できるだけ加熱処理を避け、食材を生のままで食べるのがオススメです。
電子レンジはもってのほかですね。

…といっても、生肉をそのまま食べたりするのは、なかなか難しいですよね…。
また、生野菜にしても大量に食べるのは辛いし、消化不良を起こしてしまうかもしれません。

生野菜や生魚などを、「美味しい」と思える範囲で、あくまで適度に食事に取り入れるのがポイントです!

栄養バランスのいい食事

栄養が偏らない食事

酵素を含む食品だけにこだわり過ぎると、栄養が偏ります。
良質なビタミンやミネラルも補うためには、主菜副菜を意識したバランスの良い食事です。

「アミノ酸」や「ビタミンB群」をはじめ、カラダの元気の源になる栄養成分はたくさん。

健康的なナチュラルダイエットを望むなら、ただ酵素だけを摂取してもダメ。
栄養バランスに気をつけて、偏りのない食事を摂ることも大切でしょう。

朝食からしっかり3食をきちんと食べて、ハリのある1日を送りたいですよね。

継続的に摂取する

酵素を毎日継続して摂取

短期間にいくら大量の酵素を摂っても、それは一時的なこと。
食事から摂る酵素は、あくまで「潜在酵素」を補うものであり、実は体内に蓄えておくことはできないんです…。

つまり、継続して摂らなければ意味がない、ということ。

焦りは禁物です。
毎日の食生活から少しずつでも変えていくのが、やっぱり一番の近道かもしれませんね!

酵素を手軽に摂りたいならサプリがおすすめ!

毎日酵素を含む食品にこだわって、3食全てまかなえるならもちろん理想です。

でも、好きな物は食べたいし、外食だって楽しみたい。
特に忙しい方は食生活だけで酵素を摂取するのって難しいですよね。

単純に酵素を増やせばいいって考え方は間違いで、食事から摂れる酵素も限られてしまいます。

そんな時に強い味方になるのが「酵素サプリメント」です。
1日に〇粒のむだけで酵素を簡単に補えますので、手軽に酵素生活を始めたい方にもおすすめです。

おすすめの酵素サプリをランキング形式で紹介していますので、各商品ぜひチェックしてみて下さい!

[第1位]こうじ酵素

こうじ酵素モニターサイト

「こうじ酵素」は、タレントのスザンヌさんをはじめ、多くの芸能人が愛用するほどの人気があります。
こうじ酵素は、日本人の身体にあった麹から作った酵素なので、吸収されやすく変化も実感しやすいのが特徴です。

イキイキや若さの衰えが気になり始めたら、気軽にモニターから始めるのがいいかもしれません。
1日3粒のストレスのない習慣は、サプリがはじめてのあなたでも無理なく継続できます。

初回300円で参加ができ、モニターの90%以上が変化を感じ、リピーターになっています。
内側から身体を整える「こうじ酵素」の詳しい情報はコチラでご覧ください。

こうじ酵素公式サイト

[第2位]すっきり野菜の青汁酵素

13582

家族で健康維持に役立つ「すっきり野菜の青汁酵素」。

「すっきり野菜の青汁酵素」は、良質な青汁と生きたままの酵素を配合しています。
習慣にするのも手軽で、このサプリメントをたった3粒飲むだけ。
しっかり身体に吸収されて、健康と美容をサポートしてくれるんです。

酵素は93種類の野菜から作った酵素で、身体のリズムを促す作用もあります。
青汁の原料、ケール・大麦若葉・クマザサは安全な国産を使用し、食事でとり切れない栄養を補給。

栄養素がぎっしり詰まっているので、ダイエットで不足がちなビタミン・ミネラルも摂取できちゃうんです。

それだけでなく、ヒアルロン酸・コラーゲン・イソフラボンなど19美容成分が、エイジングケアにもアプローチ。

こんなにいっぱい要素が詰まって、飲むだけなんて手軽でいいですよね。
憧れのキレイも現実になりそうと感じた方には、お得に試せるモニターコースもありますよ。

「すっきり野菜の青汁酵素」の詳細はコチラからご覧ください。

すっきり野菜の青汁酵素公式サイト

まとめ

まとめ

酵素を含む食品について様々な視点から解説しました。
いかがでしたか?

酵素をより生かす食べ方、わかっていただけたでしょうか。

酵素を含む食品を意識的に摂取することで、身体の中が健康的に整えられ、体調がよくなる効果が見込めます。
そして、食べ方に気をつければ、さらにカラダに役立てられるんですね。

上手に摂取できれば、健康的な体と、更にダイエット、美容効果も期待できるので、食生活の中で習慣にしたいですね。

酵素を毎日楽しく摂取

…ただ、やっぱり無理はいけません。
あれもこれもとストイックになり過ぎると、ストレスを溜めてしまいます。

体内の酵素は、ストレスをはじめ、睡眠不足、喫煙、過度のアルコール摂取により、無駄に減少してしまいます。

「毎日の食事を楽しめるレベル」

ここが基準かなと思います。

↓【よく読まれる関連記事】↓
酵素を減少させない習慣とは?

仕事が忙しかったり、余裕がない人は、酵素飲料やサプリを利用するのも一つの方法。
食生活の改善と並行して、効率よく補給していきましょう。

毎日の生活にうまく取り入れて、健康で美しい、理想的な身体を手に入れてくださいね!

以上、『酵素を含む食品とおすすめの食べ方[まとめ]』でした。

当サイトのトップページでは、ダイエットサプリメント「こうじ酵素」をモニター購入できる販売店情報や口コミも多数掲載しています。
販売個数300万袋突破「こうじ酵素」の口コミや効果、モニター価格をぜひチェックしてみて下さい。
こうじ酵素 口コミ【モニターの良い&悪いを徹底比較!】トップへ

※本サイトで紹介している内容には、個人の意見や感想が含まれており、効果や有用性などを保証するものではありません。参考にする際は、あなた様の責任と判断の上でお試しください。