レジスタントプロテインにダイエット効果がある?

「レジスタントプロテイン」という成分をご存知でしょうか。
プロテインと言う名前の通りタンパク質なのですが、ただのタンパク質ではなく、「体内で消化・分解されにくい、食物繊維に似た特徴を持つタンパク質」です。
主に大豆などに含まれ、様々な健康効果のほか、ダイエット効果も見込めるとされているんですよ。
この記事では、レジスタントプロテインの特徴や効果などについてまとめました。

レジスタントプロテインの特徴は?

レジスタントプロテインの特徴は、前述の通り「体内で消化・分解されにくい」という性質を持つということです。
食物繊維も人間の消化酵素では消化されないという特徴があるのですが、レジスタントプロテインもタンパク質でありながら、食物繊維のような性質と働きを持っている成分だと言えますね。
食物繊維は体に吸収されないことから、以前は「食べ物のかす」だと言われていました。
しかしその後の研究で、腸内でコレステロールや胆汁酸を吸着して排出したり、悪玉菌による有害物質の発生や吸収を抑制・体外に排出するというはたらきにより、体の健康を維持する働きがあることがわかっています。
レジスタントプロテインも、腸で消化されにくいために、コレステロールや脂質などを吸着して体外に排出する働きが期待できるんですよ。

レジスタントプロテインの具体的な効果は?

コレステロール値を下げる

腸内で消化されないため、腸の中を移動しながらLDL(悪玉)コレステロールを吸着して体外へ排出する働きがあるとされています。
実際にテレビ番組で行われた実験でも、酒粕を3週間の間飲み続けた結果、LDL(悪玉)コレステロール値が平均で8.2mg/dlも低下したとされています。

肥満防止

腸内で吸着するのはコレステロールだけではありません。食品から摂った脂肪も吸着してくれる効果が見込めます。
また、糖質の吸収スピードを遅くしてくれるために血糖値の急激な上昇を防ぎ、余った糖質が体脂肪として蓄積されるのを防ぐ効果も期待できるのです。

便秘解消効果

食物繊維と同様に便秘解消効果も見込めるレジスタントプロテイン。
腸内で油を吸着するために便の中の脂質の割合が増える、柔らかくすべりの良い便となり便秘の改善が期待できるのです。

レジスタントプロテインが多く含まれる食品は?

酒粕(酒かす)

酒粕とは、日本酒などのもろみを絞った後に残るかすのことです。
そして酒粕は実は栄養が豊富に含まれていることがわかっています。
例えば100g中タンパク質は14.9g、ビタミンB2は0.26mg、ビタミンB6は0.94mg、葉酸は170μgも含まれています。
さらに、酒粕にはレジスタントプロテインが豊富に含まれており、腸内で食品の油を吸着して一緒に排出してくれることで肥満抑制効果やコレステロール値を下げる効果が見込めます。

大豆・凍り豆腐

健康食品としてよく知られている大豆製品。
大豆に含まれる大豆タンパクには以前よりコレステロール値を下げる作用があるとされていましたが、それは大豆タンパクに含まれるレジスタントプロテインによるものではないかと考えられています。
さらに、大豆製品の中でも特にレジスタントプロテインの含有量が多いのは凍り豆腐。
凍り豆腐に含まれるレジスタントプロテインには、胆汁酸を排出して新しく作り変える働きがあるとされているのですが、胆汁酸にはエネルギー代謝を増やす作用もあるため、結果的に太りにくい体になることが期待されます。

蕎麦(そば)

そもそも、レジスタントプロテインが発見されたのは「蕎麦(そば)」からです。ちょっと意外な感じもしますよね。
1997年に広島大学の教授の研究グループがそばタンパクには血中コレステロール値を下げる作用があるということを発見し、「レジスタントプロテイン」という概念を提案したのです。

レジスタントプロテインまとめ

この記事では、レジスタントプロテインの特徴や効果などについてまとめました。
様々な健康効果があるレジスタントプロテインを是非積極的にメニューに取り入れるようにしたいですね。

当サイトのトップページでは、ダイエットサプリメント「こうじ酵素」をモニター購入できる販売店情報や口コミも多数掲載しています。
販売個数200万袋突破「こうじ酵素」のモニター価格や情報をぜひチェックしてみて下さい。

こうじ酵素モニター 【初回990円+特典付】購入はこちら!