レジスタントプロテインにダイエット効果がある?

効果や特徴を紹介

「レジスタントプロテイン」という成分をご存知でしょうか。

「レジスタントプロテイン」は、プロテインという名前のとおり、タンパク質です。
でも、ただのタンパク質ではなく「体内で消化・分解されにくい、食物繊維に似た特徴を持つタンパク質」とされています。

通常、食品に含有されるたんぱく質は、体内で分解され、アミノ酸として腸管から吸収されます。
でも、「レジスタントプロテイン」は消化酵素で分解されにくいので、栄養素として吸収されにくい反面、コレステロールを低下させたり、生活習慣病の予防に有効といわれているんです。

主に大豆などに含まれる、「レジスタントプロテイン」。
NHKの人気健康番組「ためしてガッテン」でも、酒粕を題材に「レジスタントプロテイン」の効果を紹介していましたね。

さまざまな健康効果のほか、脂肪の燃焼・排出など、ダイエット効果も見込めるとされる「レジスタントプロテイン」。
いったい、どんな食べものに多く含まれているのでしょうか?
どう工夫すれば、より効果的に摂取することができるのでしょうか?

そんな疑問を解消するため、この記事では、「レジスタントプロテイン」の特徴や効果などについてまとめました。

「レジスタントプロテイン」特有の特長を、ガッチリ分析。
栄養学的に「レジスタントプロテイン」を多く含む食品や、手軽な摂取量アップ方法などを紹介しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

レジスタントプロテインの特徴は?

悪玉コレステロールを排出

ではまず、知らないわけにはいかない、全体の基盤となる知識から。
「レジスタントプロテイン」の特徴は、前述の通り「体内で消化・分解されにくい」という性質を持つということです。

例えば食物繊維は、人間の消化酵素では分解されない特徴を持っていますね。
「レジスタントプロテイン」もタンパク質でありながら、食物繊維のような性質と働きを持っています。
なので、「食物繊維のような生理機能を有するタンパク質」という呼び方をされることもあります。

食物繊維は、栄養として体に吸収されないため、以前は「食べ物のかす」だと言われていました。
しかし、近現代の研究で、腸内のコレステロールや胆汁酸を吸着し、排出する機能があることがわかってきたのです。

悪玉菌による有害物質の発生や吸収を抑え、体外に排出する。
そのはたらきが、食物繊維が体の健康を維持する成分だと言われる理由ですね。

「レジスタントプロテイン」のはたらきにも、それと似たものがあります。
腸で消化されにくいために、コレステロールや脂質などを吸着し、体外に排出する働きが期待できるんです。

レジスタントプロテインの具体的な効果は?

コレステロール値を下げる

綺麗な腸

先ほどもお伝えしたことそのままですが、「レジスタントプロテイン」は腸内で消化されません。
そのため、腸の中を移動しながら「LDL(悪玉)コレステロール」を吸着し、体外へ排出する働きがあるとされています。
大腸炎や消化器官の異常といった、大腸の疾病の要因となる物質から、皆さんを守ってくれるというわけです。

実際にテレビ番組「ためしてガッテン」で行われた実験でも、酒粕を3週間にわたって飲み続けた結果、LDL(悪玉)コレステロール値が平均で8.2mg/dlも低下していました。
この効果は、我々にとって非常にうれしいものですよね。

肥満防止

体脂肪がつきにくい体

「レジスタントプロテイン」が腸内で吸着するのは、コレステロールだけではありません。
食品から摂った脂肪も吸着し、体外へ排泄してくれる効果が見込めます。

また、糖質の吸収スピードを遅くして、血糖値の急激な上昇を防ぐ作用もあります。
つまり、余った糖質が、体内に体脂肪として蓄積されるのを防ぐ効果も期待できるのです。

便秘解消効果

お通じがよくなる効果

食物繊維とほぼ同様のはたらきをする「レジスタントプロテイン」。
その効果には、「便秘解消」も追加しておくべきでしょう。

「レジスタントプロテイン」が腸内で油を吸着すると、便の中の脂質の割合が増えます。
すると便が柔らかく・すべりがよくなるため、いつもすっきり排便が可能で、便秘の改善が期待できるのです。

すると、体調不良が改善されたり、病気の脅威を撃退できるだけではありません。
肌のキメが細かくなって、美肌に近づいたり…。
腸の中にたまっていたものを出して、ウエストがスリムになったり…。

女性にとって重要な、美容効果も期待できるので、まさに一石二鳥。

どうですか?
「レジスタントプロテイン」の可能性、あなどれませんよね。

レジスタントプロテインが多く含まれる食品は?

酒粕(酒かす)

次は、「レジスタントプロテイン」の含量が多い食物について見ていきましょう。
いろんな種類があるので、好き嫌いが多い人でも試せるものはあると思います。
好みに合わせて利用してみてくださいね。

では、まずは日本の伝統食「酒粕」から。

酒粕とは、日本酒などのもろみを絞った後に残る、かすのことです。
ダイエットに詳しい人には、「健康にいい発酵食品」としておなじみかもしれませんね。

そして、実は近年の研究で、酒粕には栄養が豊富に含まれることがわかっています。
例えば「酒粕=100g」中に


  • タンパク質=14.9g
  • ビタミンB2=0.26mg
  • ビタミンB6=0.94mg
  • 葉酸=170μg

と、それぞれ豊富に含まれています。

さらに、酒粕には「レジスタントプロテイン」も多く含有されています。
そのため、腸内で食品の油を吸着し、一緒に排出してくれるはたらきが。
つまり、肥満抑制効果やコレステロール値を下げる効果が見込めるんです。

日本人には、伝統的な和食の調味料としてなじみの深い酒粕。
オススメのレシピとしては、魚の粕漬や、肉の照り焼きなどに使うと、ごはんと相性のいい組み合わせになります。
にんじんやしいたけを、酒粕でつけるのもおいしいですよね。

また、酒粕と似たもので、みりんをしぼったあとの「みりん粕」というのも人気です。
どちらも、甘酒に向いているそうですよ。

大豆・凍り豆腐

次は、健康食品としてよく知られている「大豆製品」。

大豆に含まれる大豆タンパクには、以前からコレステロール値を下げる作用があるとされていました。
それが、大豆に含まれる「レジスタントプロテイン」の効果ではないかというのです。

おからや味噌など、おなじみの大豆製品はたくさんありますが…。
中でも、特に「レジスタントプロテイン」の含有量が多いのは、凍り豆腐。

凍り豆腐に含まれる「レジスタントプロテイン」には、胆汁酸を排出し、新しく作り変える働きがあるとされています。
そして、胆汁酸にはエネルギー代謝を増やす作用もあるため、太りにくい体をつくる効果も期待されるんです。

乾物は料理に使い慣れない人もいるかもしれませんが、慣れてしまえば簡単。
煮物やスープなど、食卓を彩る一品として加えてみてはいかがでしょう。

蕎麦(そば)

そもそも、「レジスタントプロテイン」が発見されたのは「蕎麦(そば)」からです。ちょっと意外な感じがしませんか?
1997年に、広島大学の加藤範久教授の研究グループが、そばタンパクには血中コレステロール値を下げる作用があることを発見しました。
そして、「レジスタントプロテイン」という概念を提案したのです。

出典は、大学の研究論文
「”レジスタントプロテイン”としてのそばタンパク質とセリシンの生体調節機能」
にまとまっています。
専門用語が多いとは思いますが、機会があれば閲覧してみてください。

ちなみに、同じくそばに含まれ、大腸がんの細胞の減少にいい影響を与えるとされる「コハク酸」は、日常の食生活レベルの摂取量でも充分なのだそう。
普通の白いそばよりも、黒っぽい「韃靼そば」のほうが、栄養価は上という情報もありますね。

そばは、普通に食べる他に、そばの実を炒った「そば茶」などの楽しみ方もあります。
ぜひ気軽に生活に取り入れたいものです。

レジスタントプロテインまとめ

積極的に摂取

いかがでしたか?
この記事では、「レジスタントプロテイン」の特徴や効果などについてまとめました。

さまざまな健康効果がある「レジスタントプロテイン」。
もしこれが、日本の伝統として伝わる民間医療レベルの話だったら、イマイチ信用できなかったかもしれません。
でも、その効能は、学会や医療の成果で科学的に検証されたもの。
現代のサイエンスの分野で判明している事実なのだから、肯定するしかないですよね。

ちなみに、レジスタントプロテインに似た働きをする成分として、「レジスタントスターチ」というものもあります。
こちらは、水に溶けにくい「デンプン」の一種。
片栗粉やコーンフレーク、豆、ジャガイモなどに多く含まれていて、「太らない炭水化物」とも呼ばれています。
お米を食べないダイエットにオススメなんです。

どちらの成分も、日々の食事の中で、ぜひ積極的にメニューに取り入れるようにしたいですね。

…そうは言っても、食事から「レジスタントプロテイン」を摂取する習慣はなかなか定着しないものです。
続けられたとしても、栄養価がかたよるなど理想的な継続方法にはならないことも多いです。

一般的には、「レジスタントプロテイン」を含んだサプリメントの摂取がおすすめ。
体にとっていらないものの排出を促進して、一緒にキレイな自分を目指しましょう!

当サイトでは販売個数200万個を突破した話題のサプリ「こうじ酵素」をおすすめしています。
酵素と「レジスタントプロテイン」、2つの成分の効果を公式サイトでチェックしてみてください。

↓詳細はこちら↓
↓ボタンをクリック&タップ↓

当サイトのトップページでは、ダイエットサプリメント「こうじ酵素」をモニター購入できる販売店情報や口コミも多数掲載しています。
販売個数200万袋突破「こうじ酵素」の口コミや効果、モニター価格をぜひチェックしてみてください。
こうじ酵素 | 口コミと効果【モニターの良い&悪いも徹底比較!】トップへ