酵素が疲れに効果があるって本当?

効果あるのか疑問

「酵素(こうそ)」は、近年、ダイエットに効果が期待できると大きく注目されている成分です。
ネットやドラッグストアでドリンクやサプリなどの様々な美容・健康商品が発売されていることからも、その人気ぶりがうかがえます。
また、酵素には、疲れを改善させる効果や消化効率を上げる効果などが見込めることもわかってきています。
この記事では、酵素の疲れに対する効果、そして疲れを改善させるため効果的に摂取する方法をチェックしてみました。

酵素不足が疲れの原因に?

酵素不足で疲れた女性

「最近とても疲れやすくって…」「しっかり睡眠はとっているのに疲れが取れず、朝からだるい」。
同じような悩みを抱えている人も多い現代社会。
そんな疲れの原因の一つが、実は酵素不足なのです。
そもそも、体内酵素というのはその名の通り人間の体の中で作られ、消化酵素と代謝酵素の2種類が存在します。
そして、食べ物を消化して体に必要な栄養を取り込んだり、体の細胞の生成・修復やホルモンバランス調整、免疫機能の維持など、生命の維持に必要なたくさんの活動を行っています。
しかし、加齢や生活・食習慣などで減少してしまいます。

そうすると新陳代謝が滞る、老廃物が体に溜まりやすくなる、免疫力も低下する、倦怠感や疲れを感じやすくなったり多くの不調を作り出す原因になります。
疲れにくい健康な体を維持するには、酵素というのは人間にとって欠かせないものなのです。

疲れを回復させるために効果的な酵素の取り入れ方

体内酵素を補うには、酵素が多く含まれる食品を意識的に食べることがおすすめです。

発酵食品

納豆や味噌などの発酵食品

納豆や味噌、ぬか漬けなどの発酵食品には、脂肪を分解するはたらきのある「リパーゼ」が多く含まれています。
ダイエット目的で摂取するのもおすすめですね。

生野菜・果物

プロテアーゼを含むフルーツ

キャベツや大根、山芋などにはデンプンを分解する「アミラーゼ」が多く含まれています。
また、パイナップルやキウイ・りんご・パパイヤ・いちじくなどの果物にはタンパク質を分解する「プロテアーゼ」が含まれています。

酵素の特性として、熱に弱く、48℃以上になるとその活性が失われてしまう特徴があります。
なので、「加熱せずに生でいただく」というのが基本です。
また、大根やりんごなどをすりおろして食べるのも効果をアップさせてくれます。というのは、すりおろすことで細胞が膜が破れ、細胞内の酵素が出てくるからです。
酵素は皮の近くに多く存在するので、すりおろすときはよく洗ってから「皮ごとすりおろす」と効果的ですよ!

酵素をサプリメントやドリンクで補う

酵素をサプリメントで補う

毎日忙しくて、どうしても食事に気を配るのが難しい…と言う場合は、サプリメントやドリンクなどで補うのがおすすめです。
ただ、現在は本当に色々な種類のサプリ・ドリンクが存在するので、選ぶのも一苦労です。
サプリメントやドリンクを選ぶ際は、「生タイプの酵素を使っているか」「熟成期間は長いか」「添加物は少ないか」ということに注意して選びましょう。
また、いくら効果が高いと評判でも、あまりに価格の高いものを選んでしまうと、結局続かない…と挫折することもあります。
酵素は毎日継続して摂ることで効果がアップします。毎日続けられる価格のものを選ぶと言うのも大事ですよ。

酵素が疲れにもたらす効果まとめ

規則正しい生活

酵素が疲れにもたらす効果、効果的に摂りいれる方法についてまとめました。
食事やサプリなどで補うのも大事ですが、普段から暴飲暴食をしたり不規則な生活をしていると酵素を消費してしまい、酵素不足に陥る危険があります。
普段から規則正しい生活、そして栄養バランスの取れた食事を意識して、疲れをためない健康でハツラツとした毎日を目指したいですね。

当サイトのトップページでは、ダイエットサプリメント「こうじ酵素」をモニター購入できる販売店情報や口コミも多数掲載しています。
販売個数200万袋突破「こうじ酵素」のモニター価格や情報をぜひチェックしてみて下さい。

こうじ酵素モニター 【初回990円+特典付】購入はこちら!トップ